埼玉県文化振興の集い

埼玉県文化振興の集いは、昭和52年3月26日に発足した埼玉県文化振興会議の名称で始まり、平成24年度に現在の名称に改められ今日に至っています。
埼玉県の文化活動の一層の発展、文化団体関係者の相互の交流を寄与し、図りながら研究協議をすることを目的として始められました。発足当時は各部会とも研究討議の形式で行われました。現在では、舞台発表・展示・体験などの多彩なプログラムで行われ、多くの文化団体の方々の当文化団体連合会への加盟を促す一大事業となっています。

第42回文化振興の集い開催要項

1. 趣旨
県内文化活動の一層の普及発展を図るため、関係者相互の交流を行うとともに、その振興方策等について研究協議する。
2. 主催
一般社団法人 埼玉県文化団体連合会
3. 後援
埼玉県・埼玉県教育委員会
公益社団法人 埼玉県芸術文化振興財団
4. 期日
平成30年2月3日(土)
5. 会場
埼玉会館 (大ホール、ラウンジ、会議室)
6. 大会テーマ
―つなげよう・ひろげよう PartⅡ―
7. 日程・会場
9:30~10:00 受付(大ホール入り口)
10:00~10:20 開会行事(大ホール)
運営委員長挨拶・県知事祝辞・来賓紹介・運営副委員長紹介・部会長紹介
10:30~12:00 全体会(大ホール)
①モダンダンスとお琴のコラボ ②折り紙 ③短歌の楽しさ
12:00~13:00 移動・昼食・休憩
(昼食会場として会議室・各分科会会場を利用予定)
13:00~16:00 各部会分科会
文学部会(3C会議室 3階 )
美術部会(ラウンジ 2階)
芸能部会(大ホール)
教養文化部会(大ホールホワイエ)
郷土文化部会(7A会議室 7階)
市町村文連部会(7B会議室 7階)
8. 全体会
舞台公演
  1. モダンダンスとお琴のコラボ (アキコ・カンダ・ダンスカンパニー)
  2. 折り紙(折り紙夢工房)
  3. 短歌の楽しさ(大河原惇行)
9. 各部会分科会テーマ・形式
部会名

分科会テーマ

形式

文学部会

こころを動かす言葉

パネルディスカッション

美術部会

美のうるおい

事例発表

芸能部会

創る歓び 観る楽しみ

舞台発表(舞台公演)

教養文化部会

こころを託す文化の和

1. 呈茶2. 作品展示と解説

郷土文化部会

偉人の心をつなぐ(塙保己一検校遺業継承)

講演会

市町村文連部会

ひろげよう 文化の輪

パネルディスカッション

10. 参加者
  • (一社)埼玉県文化団体連合会会員
  • 埼玉県市町村行政担当者
  • 一般県民
  • その他文化団体関係者
11. 参加費
無料
12. 分科会の形式と役割一覧
分科会(会場)

テーマ

形式

責任者

司会者

講演者・助言者・発表者・パネラー

記録者

文学部会(3C会議室)

こころを動かす言葉

パネルディスカッション

大河原惇行

平林静代

<講演者>
短歌 下村すみよ
詩 佐久間利洋

太田豊

美術部会(ラウンジ)

美のうるおい

事例発表

小森秀司

高野昻子

<発表者>
天野行男 (写真)
安井実 (絵画)
入澤美津枝 (工芸)
白石琳光 (書)

尾嶋心齋

芸能部会(大ホール)

創る歓び 観る楽しみ

舞台発表

神田都美井

宮本聡之

<発表者>
①埼玉県邦楽舞踊協会 三曲部
②日舞 
③埼玉県演劇協議会
④菊扇会
⑤彩名会
⑥埼玉県舞踊協会

横田和代・矢口敏夫

教養文化部会(大ホールホワイエ)

こころを託す文化の和

1. 呈茶 2. 作品展示と解説

梶並勉

<発表者>
①埼玉県茶道協会
②折り紙夢工房
③東武フラワーデザインアカデミー
④日本古流華泉会
⑤全日本きものコンサルタント協会 埼玉支部
⑥さいたま紙芝居研究会
⑦五葉の会

立川瞳・内田久恵

郷土文化部会(7A会議室)

偉人の心をつなぐ(塙保己一検校遺業継承)

講演会

畠田直教

富田宏

<演題>
塙保己一検校遺業継承
<講師>
齋藤幸一(公益財団法人温故学会、理事長 )

小林政幸・清藤孝

市町村文連部会(7B会議室)

つなげよう 文化の輪

パネルディスカッション

大場香峰

大熊仁枝

<発表者>
狭山市文化団体連合会 会長 小川忠史
行田市文化団体連合会 会長 大澤由子
<助言者>
加藤博・梶山修

下村惠久子・加藤博


過去の集い