埼玉県文化振興の集い

埼玉県文化振興の集いは、昭和52年3月26日に発足した埼玉県文化振興会議の名称で始まり、平成24年度に現在の名称に改められ今日に至っています。
埼玉県の文化活動の一層の発展、文化団体関係者の相互の交流を寄与し、図りながら研究協議をすることを目的として始められました。発足当時は各部会とも研究討議の形式で行われました。現在では、舞台発表・展示・体験などの多彩なプログラムで行われ、多くの文化団体の方々の当文化団体連合会への加盟を促す一大事業となっています。

第44回文化振興の集い開催要項

1. 趣旨
県内文化活動の一層の普及発展を図るため、関係者相互の交流を行うとともに、その振興方策等について研究協議する。
2. 主催
一般社団法人 埼玉県文化団体連合会
3. 後援
埼玉県・埼玉県教育委員会
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
朝日新聞さいたま総局・毎日新聞さいたま支局・埼玉新聞社・読売新聞さいたま支局・産経新聞社さいたま総局・テレ玉・NHKさいたま放送局
4. 期日
令和2年2月8日(土)
5. 会場
埼玉会館
6. 大会テーマ
心ふれあう文化
7. 日程・会場
12:00~13:00 受付(大ホールホワイエ)
13:00~13:15 開会式(大ホール)
運営委員長挨拶・来賓祝辞・来賓紹介・運営副委員長紹介・部会長紹介
13:30~16:30 各分科会の開催
文学部会…3C会議室
美術部会…第1展示室(7日午後から公開)
芸能部会…大ホール
教養文化部会…大ホールホワイエ(10:00~14:00 )
市町村文連部会…7B会議室
8. 各部会分科会テーマ・形式
部会名

分科会テーマ

形式

文学部会

心ふれあう文化 ― 俳句のこころと川柳のこころ ―

講演とディスカッション

美術部会

無から有・作者が求める美

作品発表(展示)

芸能部会

心ふれあう文化

舞台公演

教養文化部会

つなげよう伝統文化

1. 呈茶2. 作品展示と解説

市町村文連部会

心ふれあう地域文化の輪

パネルディスカッション

9. 参加者
  • (一社)埼玉県文化団体連合会会員
  • 埼玉県市町村行政担当者
  • 一般県民
  • その他文化団体関係者
10. 参加費
無料
11. 分科会の形式と役割一覧
分科会(会場)

テーマ

形式

責任者

司会者

講演者・助言者・発表者・パネラー

記録者

文学部会(3C会議室)

心ふれあう文化 ― 俳句のこころと川柳のこころ ―

講演とディスカッション

大河原惇行

平林静代

<講演者>
・小川紫翠(埼玉県俳句連盟会長)
・佐藤美文(大宮川柳会会長)

山丘桂子

美術部会(第1展示室)

無から有・作者が求める美

作品発表(展示)

尾﨑花苑

-

<作品発表者>
美術部会会員

安井 実・天野行男

芸能部会(大ホール)

心ふれあう文化

舞台公演

神田都美井

-

<発表者>
・日本舞踊 三穂の会
・劇団 欅
・埼玉県吟剣詩舞道総連盟 北部地区
・埼玉県舞踊協会 ◇モダンダンス
・埼玉オペラ協会
・埼玉県舞踊協会 ◇クラシックバレエ

花川貴香・渕村雄二

教養文化部会(大ホールホワイエ)

つなげよう伝統文化

1. 呈茶 2. 作品展示と解説

梶並勉

<発表者>
①埼玉県茶道協会(呈茶)
②折り紙夢工房(創作折り紙)
③東武フラワーデザインアカデミー(作品展示)
④日本古流華泉会(華展)
⑤さいたま紙芝居研究会(実演)
⑥五葉会(華展)

中平順子・加藤一紀

市町村文連部会(7B会議室)

心ふれあう地域文化の輪

パネルディスカッション

加藤博

大熊仁枝

<助言者>
・関口俊一
<パネラー>
・上尾市文化団体連合会 | 村岡武山
・秩父市文化団体連合会 | 海野俊雄

下村惠久子・加藤 博


過去の集い